トップへ戻る

若ハゲが治ったという場合の改善視点について

若ハゲを改善させる亜鉛効果とは

2018年05月31日 20時41分

若ハゲで悩まれる方が直面する精神的ダメージは尋常なことではありません。そしてなぜそのような事態に陥るのか原因としては個人差も考えられます。

ですが原因がもし亜鉛不足だとするのならばどのようにして亜鉛が若ハゲを解決する効果を導き出すのか理由や予防や摂取方法などを交え紹介します。


・亜鉛は髪の栄養に不可欠?亜鉛不足が引き起こす原因?


もし身体に亜鉛が不足すればどうなるのか?髪の毛ははたんぱく質が大きく関係しており欠かせない成分でもあります。ですがそのたんぱく質が不足すれば自ずと髪の毛にも多大なる影響を与えることとなり薄毛になりやすくさせます。

そして若ハゲに関して言えることは実のところ近年の食生活に大きく関わっており、たんぱく質とはケラチンでありそれはつまりアミノ酸の一種シスチンを中心としたアミノ酸となります。

若ハゲの原因とされる亜鉛不足という考え方にはまず18種類のアミノ酸があり、それらの基本となるアミノ酸は身体では生成できないので摂取しなければいけません。

先にも述べた通り近年の若者は摂取量が足りないということも踏まえつつ偏った食生活なども大きく関係しています。例えば肉類にも必須アミノ酸であるメチオニンは含まれてますが魚介類や豆類なども含まれてますが殆ど摂取されていません。

つまり偏りを考えた亜鉛の摂取をするだけでも若ハゲの改善効果が見られるということになります。


・亜鉛は若ハゲを改善させる効果があるけど食生活だけでなくサプリという手もあります


亜鉛は髪に良いということは何となく理解できたかもしれませんが、ではどういった効果が見られるのかについて具体的に言えば理由として二つ考えられます。まずたんぱく質を不足せず摂取することは9割を占める髪に必須のケラチンに変化し亜鉛こそケラチンを生成する役割があるということです。

そして単純に亜鉛が不足することによる原因には髪が育たないことや髪が増えてくれないことなどがあり、さらに申し上げると5aリダクターゼ酵素を抑える効果がありますので抜け毛や薄毛を解消してくるんです。

そこで亜鉛を上手に摂取するために不可欠なのが食生活となりますが、中でも生牡蠣は多く含まれています。さらに煮干しやレバーなどもおススメですが単純にこれらを食生活から摂取するともなれば大変なことではないでしょうか。

そこで亜鉛サプリは効率よく摂取することができる便利な方法ですのでもし若ハゲで悩まれてる方は亜鉛不足の可能性がありますので亜鉛サプリをおススメします。

厚生労働省発表によると成人男性の亜鉛推奨量は12mgとされています。ただ人により摂取量も変動しますので、あくまで目安に過ぎません。また単純に亜鉛を多く摂取すればいいということでもなく身体にとってバランスを考えた摂取量を上手く摂り入れ若ハゲを改善させる効果として役立ててみてください。