トップへ戻る

若ハゲが治ったという場合の改善視点について

若ハゲにAGA対策が不可欠な理由

2018年05月31日 20時38分

薄毛は年齢を経る中で起こっていくものと考えがちですが、中には若年層による薄毛もあります。若ハゲの最も多い原因は、agaと呼ばれる男性型脱毛症です。男性ホルモンの影響によって発生している場合が多く、aga対策は遺伝的体質の根本原因にアプローチしたものになります。

そのため改善までには時間がかかります。ここでは、生活習慣などによる薄毛とagaによる薄毛を比較しながら、その対策を考えていきます。"


・生活習慣や物理的な要因で薄毛になっている場合


若ハゲの原因としては、一つは生活習慣、もう一つは遺伝的要因によってaga(男性型脱毛症)が引き起こされている場合です。 また両方が影響し合って、薄毛の進行に拍車がかかっている可能性もあります。

生活習慣は偏った食事や不規則な生活、ストレスをうまく解消できないなど、心身への悪影響の結果が薄毛という形で出ています。若ハゲの原因が生活習慣にあるなら、生活習慣を正すことによって頭髪の復活が期待できるでしょう。

髪が成長する深夜の時間帯に遊びや深酒をするような生活習慣は、健康によくないのはもちろんのこと、髪の成長を阻害する要因にもなります。 できるだけ健康的な生活を心がけることが、髪へのいい影響につながっていきます。

また、間違ったヘアケアが薄毛の要因になっていることもあります。洗髪の不足や、逆に洗髪のしすぎなど、ヘアケア方法の間違いが頭皮や髪へのダメージにつながっているのです。 

もちろんヘアケアは頭皮や髪の健康にとって必要なものです。大切なのは、バランスのいい適切なヘアケアです。


・遺伝的な要因で薄毛になっている場合 


もう一つの原因としては、体質や遺伝的な要因によってagaが引き起こされている場合です。この場合は体質によるところが大きいため、生活習慣やヘアケアの改善だけでは不十分です。

それにプラスして、より強力な若ハゲ対策を行う必要があります。市販の育毛剤を購入して使用することも一つの方法です。育毛剤には、毛母細胞を活性化するものや、血流改善を促すタイプ、皮脂の分泌を抑えるものなど、実に多様な製品があります。 

自分の症状に合わせて適切な育毛剤を使用することで、agaの改善を図っていきます。また、agaを「治療」という観点から行う医療行為もあります。aga対策の専門病院で行われており、そこではagaの治療に効果的な医薬品などを使いながら若ハゲ治療や薄毛治療がなされていきます。

病院を利用してのaga対策は、定期的な通院になるためコンスタントな治療費が必要になります。病院では事前にカウンセリングを行ってくれるので、そこで相談してから通院するかどうかを決めるといいでしょう。

生活習慣による抜け毛の場合は、比較的早く改善させることが可能ですが、遺伝的要因の場合は、その改善までには時間がかかります。育毛剤を使用するにしても、あるいはagaの専門病院に通うにしても、時間をかけて継続していくため根気が必要です。