トップへ戻る

若ハゲが治ったという場合の改善視点について

若ハゲの原因は栄養不足?若ハゲを改善するには?

2018年06月01日 19時28分

若くても薄毛に悩んでいる人もたくさんいます。ですが、誰でも髪の毛が薄くなるのは避けたいですよね。そして、若ハゲになってしまう原因の一つに栄養不足があります。

栄養不足は健康にも髪の毛にも良くないので偏らないようにすることが大切です。では、若ハゲにならないためにはどのような栄養素が大切か紹介するので参考にしてください。

栄養といってもたくさんあるのですが、では、どんな栄養が一番大切なのか紹介していきたいと思います。


・髪の毛の元になる3つの栄養素


まず、紹介するのがたんぱく質です。たんぱく質は髪の毛を構成する成分の95%以上を占める栄養成分です。そのため、薄毛にならないためにはとても大切な成分で不足してしまうと、髪の毛が細くなり成長せずに抜け落ちやすくなります。

そして、カプサイシンも皮膚、筋肉、骨、神経、内臓や唾液などに含まれているアミノ酸の結合体で「IFG-I」という物質があります。そして、「IFG-I」には体を若く保つ効果があり、毛母細胞を活性化させて乱れたヘアサイクルを正しい周期に戻す効果があるとされています。

最後はイソフラボンも髪の毛には大切だと言われていますね。イソフラボンには「IFG-I」の元となるCGRPを増やす働きがあるとされています。CGRPは女性ホルモンによって本来はつくられるのですが、イソフラボンも女性ホルモンと似た働きをする成分なので同じような効果が得られます。

まずは、これらの成分を取ってしっかりと質の良い髪の毛を作ることが若ハゲにならないために大切な事です。


・若ハゲ、薄毛改善に効果がある成分


そして、実際に若ハゲや薄毛になってしまった人は今から紹介する成分を積極的に摂ることで少し改善することが出来るので参考にしてください。まずは亜鉛です。

亜鉛は体内で生成できないので、食べ物などで補給する事が必要な栄養成分です。そして、亜鉛は髪の健康に重要な栄養素のたんぱく質をケラチンに再構成している働きをしているからです。

そして、ビタミンAは新陳代謝を活発にする働きがあり、頭皮の乾燥やフケが多くて悩んでいる人におすすめの成分です。頭皮の環境が悪いのも若ハゲになる原因の一つです。

頭皮の環境を整えるためにもビタミンAはしっかりと摂取しましょう。そして、最後はビタミンB群もとても大切な成分ですね。ビタミンB群を摂ると毛母細胞の分裂活動も活発に行われるようになり、さらに頭皮の皮脂分泌量もコントロールしているので、乾燥などからの頭部を守れるように皮脂分泌を助けてくれます。

これらの成分はとても大切なのでもし、自分が若ハゲかなと思ったらこれらの成分をしっかりと摂るようにしましょうね。

このように、若ハゲにならないようにどのような栄養を摂ったら良いかを紹介しました。もし、今後頭皮のことが気になるならこれらの成分を積極的に摂って将来ハゲないようにしましょう。