トップへ戻る

若ハゲが治ったという場合の改善視点について

若ハゲ対策をするにあたって意識したいことは何?

2018年05月31日 20時34分

どんなことにも当てはまりますが、早期発見・早期対策こそが症状改善への一番の近道です。日頃から頭皮をチェックし、小さな変化も見逃さないようにしたいところです。

実践的な対策としましては、ツボ押しを声を大にしてお勧めしたいですね。?陽と陽輔という2つのツボを刺激してやれば、頭部に滞った熱と血液を下半身へと誘導することができます。ここのめぐりがよくなれば、次第に若ハゲも改善していくことでしょう。


・早期発見、そう浮き対策の重要性


中年になってから薄毛になるのならまだしも、10代、20代という若さで薄毛になるのは非常に悲しいものです。いわゆる若ハゲというやつですが・・。10代、20代といえば、人生でも一番楽しい時期です。

この期間に若ハゲという新たなコンプレックスが浮上してしまえば、人生で一番楽しい時期を有意義に過ごすことはかないません。しかしながら、きちんとした対策を講じることで、症状は確実に回復します。

ですので、気を落とさずに気づいたその日から今できることをしっかりと実践していきましょう。その際、薄毛の症状にできるだけ早く気付くことが重要になってきます。

どんなことにも当てはまりますが、早期発見・早期対策こそが、症状解決への一番の近道なのです。若ハゲだって同じです。初期段階で気づき、そして適切な対策を講じてやることが何より重要なのです。

ですので、日ごろから自分の頭皮をチェックするとともに、家族や友人とコミュニケーションをしっかりと図りましょう。そうすることで、ちょっとした変化にもすぐさま気づくことができるのです。


・ツボ押しの効果は絶大


とまあ、ここまでは早期発見の重要性について述べてきましたが、ここからはより実践的な若ハゲ対策をご紹介していきたいと思います。若ハゲ対策に様々なものがありますが、いずれもお金がかかったり専門的な知識を要するものが多いですよね。

もっと手軽に毎日続けられるような対策があれば最高です。そこでお勧めなのが、ツボ押しです。私たち人間の体には無数のツボが存在しており、各症状と密接なつながりがあります。

そのうちの一つに若ハゲに対応したツボがあるので、ぜひ実践してみてください。若ハゲに対応するのは、くるぶしの少し上に位置する「?陽(ふよう)」と「陽輔(ようほ)」という2つのツボです。

この2つのツボを刺激すると、頭部に滞った熱と血液を下半身へと誘導する効果が期待できます。薄毛の人の特徴としましては、頭部に熱と血液が滞りがちですからね。ここの部分のめぐりを良くすることで、若ハゲも次第に改善していくことでしょう。